2018/11/15

靴学校921さんと一緒に、靴作りを盛り上げていきたい!

  • LINE

こんにちは、MSY代表のブンと申します。

足と靴の学校921(クツビト)という東京の靴学校があります。

 

 

講師である村山さんは、鍼灸師から靴職人へとご活躍の場を移し、整形外科靴の本場ドイツでのご経験を経て、現在は東京(上野桜木)にて「靴とインソールの店rutsch(ルッチェ)」の代表もされている方です。

 

村山さんは、靴作りのかなり細かい工程をYouTubeにて無償で公開しています。
その驚くほど高レベルで有益なコンテンツの数々が、アマチュア靴作り界隈で大変な話題になっているのです。

 

一例
・中底加工の一部始終
・すくい縫い時のつま先部分の秘策
・チャンの煮込み方(オススメの天候まで!)

 

などなど、目もくらむような有り難い情報の数々。趣味で楽しむ我々にとっては、今までどこにも載っていなかった情報ばかり。
この情報発信に感謝すると同時に、とても不思議に思いました。

 

プロの方が、なぜここまで無償で提供してくださるのだろうか?

 

 

SNSを通じて、講師である村山さんに質問したところ、こう回答して下さいました。

 

趣味で靴作りを行う人の役に立てればという思いがあって始めました。趣味で靴作りを行う人を増やしたいと思ったのです。
– 中略 –
大げさかもしれませんが、手製靴が、文化的にもっと成長するためには、趣味として靴作りを行う、アマチュアが必要なのだと思うのです。
趣味で行う人が多い分野は、その業界がとっても活気があるように思うことがあります。
https://blog.shoeschool.tokyo/2018/10/replay/より(ぜひ全文ご覧ください)

 

 

正直、震えました。

 

そこでMSYのコンセプト「靴作りをもっと身近に」と我々の活動をご説明し、今後の靴作り文化の発展に向けて相談させていただいたところ、

 

靴学校921さんより、靴作りの情報提供をいただけることになりました!(YOUTUBE動画の利用許可 etc)

 

こんなに有り難いことはありません。
ご快諾くださった村山さんには感謝してもしきれないほどです。

 

 

今後MSYは、より有益な情報を発信し続けて参ります。
そして、靴作りをもっと身近に。
作るという側面からも靴に興味を持つ人が増え、靴業界全体を盛り上げていけるような活動につなげたいです。

 

靴学校921さんのサイトも、ぜひご覧ください。
プロを目指し本格的に学びたい方、より深く足について靴について知りたい方にも必ず有益となるはずです。

 

足と靴の学校921 webサイト

この記事を書いた人

ブン

底付け歴50年の経験をもつ職人さんに個別レクチャーを受け、底付け技術を学びました。
結婚・引っ越しなどで靴作りを中断し7年間ほどのブランクがありましたが、Twitterでのやり取りに刺激をうけ、再開いたしました。

 

技術力はありませんが、未経験の手法にチャレンジし、自分なりの工夫を加えて実験をするのが好きです。
失敗から得られるものにこそ、特別な価値があると感じています。普通は公開したくないような自分の失敗やミスは、むしろどんどん発信します。
靴作りの趣味を広めるために2018年6月、MSYの前身である「靴作りプロジェクト」を立ち上げました。
自分の経験が皆さんのお役に立つことを第一に考えています。一緒に楽しみましょう!

 

twitter:@Wani_Fumihiro
note:https://note.mu/bunwani

SNSでシェア!

  • LINE

RELATED関連記事

RECOMMENDEDおすすめのサイト

COPYRIGHT © Make Shoes Yourself ALL RIGHTS RESERVED.